フェミークリニックの脱毛が効かない場合とは

フェミークリニックの脱毛が効かない場合とは

 

フェミークリニックに限らず脱毛する人は自分にしっかり脱毛施術が聞いてくれるのか不安だと思います。
ということでここでは逆に脱毛の効果がない人、やめておいた方がいい人などを紹介していきます。

 

フェミークリニックは医療脱毛のクリニックなので大抵は大丈夫ですが、念のために知っておいてください。

 

脱毛効果がない場所

フェミークリニックには脱毛効果がない場所、効かない場所として粘膜をあげています。

 

 

粘膜というのは目の中、陰部の中、肛門の中などの場所です。
ほぼ体の中にあるので毛も大概はないんですがある人もいるので注意。

 

陰部の周り、皮膚がしっかり付いて外気に面してる場所であれば陰部回りでも大丈夫です。

 

効かない状態

脱毛ができない場所だけでなく、毛の状態というのもできるか否かに大きく関わってきます。
代表的なものが脱色。

 

ブリーチなどで染めたりしてると脱毛効果が得られないんです。
髪以外を脱色する人はあまりいないと思いますが、しないようにしましょう。

 

もう一つが毛を自分で抜いてる場合。
レーザー脱毛では毛の場所からその中にある毛根などを探すので毛がないと非常に見つけにくいです。
その結果、照射の打ち漏らしで何回も通わなくちゃならなくなったりするのでやめておきましょう。

 

これらのことをやってる人は元に戻るまで放置か、心配だったら無料のカウンセリングでまとめて聞いてみるといいでしょう。

 

公式より

 

その他Q&A

その他に気になるであろうことも簡単にまとめてみました。

 

子供、未成年でも効果があるの?

効果はあります。脱毛施術設けることができますよ。
※ただ、未成年は親の承認が必要になります。

 

女性だけの脱毛?

HPで誤解しがちですがそうではありません。
男性も脱毛することができます。

 

 

こんな感じでしょうか。
脱色や毛抜きにさえ注意しておけば普通の人は問題なく受けられるはずです。

 

とはいえわきなどの処理を一時中断することなのでちょっとめんどくさいですよね。
処理を我慢する程度は個人差もあるのでまずは話しいを聞いてから取り組み始めるといいでしょう。

 

ぼさぼさになるまで我慢して、結局そこまでしなくていいのに・・・みたいなこと言われたらショックですからね!